フォトアルバム
Powered by Six Apart

最近のトラックバック

2012年12月11日 (火)

よくがんばりました!

コーチングとストレスケアで イキイキした人生のお手伝いをしたい川村佳代子です。

 

先週は怒涛の1週間でした。

土曜日には リビングカルチャー倶楽部の「コーチングで学ぶ会話のコツ」講座、

終わってからソッコー新幹線にとび乗って 福岡でのストレスケアの講習会に参加。

即日 鹿児島へ帰り・・・

 

翌日日曜日は 鹿児島でのストレスケアの講習会に参加。

 

そして月曜日は 慈眼寺ゼミナール「毎日がもっとイキイキするコミュニケーション講座」、

今日火曜日は 市内の中学校の家庭教育学級。

 

いやーよく頑張ったと自分を褒めたい!!

 

体力的にはへろへろですが(笑)、 気力は十分!!

たくさんの方々にお会いできて いろんなお話しをできたんですから♪

わたしは 本当に人との出会いが嬉しいんです。

 

心が満たされる思いがあると 人って本当にがんばれるものなんだと思います。

 

みなさんも毎日忙しく過ごされていることと思います。

 

その日々のなかで どれくらい満足されているでしょうか?

 

自分自身が満たされていれば きっといくらキツくても楽しく充実した日々を

過ごせることと思います。

 

ないものねだりではなく 今ここにあることのなかで

自分自身が満足できることを見出していけばいいんだと思います。

 

慌ただしい毎日のなかでも 自分が心から喜べることを探していきましょう♪

 

2012年12月 7日 (金)

コーチング講座のご案内

コーチングとストレスケアで イキイキした人生のお手伝いがしたい川村佳代子です。

 

2013年新春からコーチング講座がスタートします。

ぜひこの機会に 今 注目されているコーチングを学んでみませんか?

*******************

『毎日がもっとイキイキするコーチング講座』

子どもや周りの人たちとのコミュニケーションに活かせるコーチングの基礎を学べます。

コーチングを普段のコミュニケーションに活かして ストレスのない日々を送りましょう!

《日程》

第1回 1月19日(土) コーチングってなに?

第2回 2月 2日(土) 「認める」という関わりかた

第3回 2月16日(土) 本当の意味での「聞く」ということ

第4回 2月23日(土) 相手のための「問いかけ」の仕方

第5回 3月16日(土) 相手が受け入れやすい「伝え方」

第6回 3月30日(土) コーチングスキルの復習・まとめ

※時間はいずれも14時~15時30分

《場所》 慈眼寺ゼミナール(JR慈眼寺駅から徒歩3分・西谷山保育園裏)

《受講料》6,300円/全6回

 

**********************

『自分らしさ輝くコーチング講座』

上記講座修了の方もしくは「承認」「聴く」「質問」等コーチングの基礎を別講座にて

受講された方を対象としたステップアップ講座です。

「タイプわけ」や「アサーション」「ストレスケア」等更にスキルアップし、自己基盤を

整えるための内容満載の講座です。

 

《日程》

第1回 1月19日(土) タイムマネジメント

第2回 2月 2日(土) コミュンケーションの「タイプわけ」

第3回 2月16日(土) アサーション

第4回 3月 9日(土) ストレスを知る ※13時30分~15時30分

第5回 3月16日(土) 基準を引き上げる

第6回 3月30日(土) 価値とニーズ

※時間は10時~12時(ただし第4回のみ13時30分~15時30分)

 

《場所》 慈眼寺ゼミナール(JR慈眼寺駅から徒歩3分・西谷山保育園裏)

《受講料》9,450円/全6回

 

*************************

少人数制でアットホームな雰囲気のなかでの講座です。

受講者同士も仲良くなって 毎回楽しく開催しています。

2013年新春から 新しい自分を再発見しに出掛けてみませんか?

きっとステキな出会いがあります♪

 

講座の詳しいお問い合わせやお申し込みは下記メールまで♪

tomorrow@kaw.bbiq.jp

 

お会いできることを楽しみにしてます!

 

2012年12月 5日 (水)

病気がおしえてくれるもの

コーチングとストレスケアで イキイキした人生のお手伝いをしたい川村佳代子です。

 

「病気」というと おそらく皆さん あまりいいイメージがないと思います。

「病気は良くない」ものとして 頭が痛い、胃が痛む等

身体になんからの痛み等の不調が起きた場合、早く治そうと一生懸命になるでしょう。

 

病気になると とにかく早く治そうと考えますが

わたしが学んでいるストレスケアでは

「病気にはメッセージがある」と考えます。

 

病気は わたしたちの生活習慣や思考パターンの改善のきっかけになる

無意識からのメッセージともいえます。

 

例えば 毎日同じ姿勢でパソコンに向かって仕事をしている人は

きっと腰が痛くなってくるでしょう。

痛みがあるからこそ 姿勢に気を付けて 定期的に休憩して身体を動かしたり

やり始めると夢中になりすぎる自分の傾向を認識できることにもつながって

きます。

 

でも もし身体が痛みを感じなくなったら・・・

病気がなくなったとしたら・・・

おそらく気づいたときには 腰はひどい状態になっているでしょう。

もしかしたら 腰痛どころか 夢中になって 頑張りすぎたことから

更に身体的・精神的に大きなダメージを与えることにもなりかねないでしょう。

 

病気=悪いものとして それを取り除こうとする前に

どうしてこうなったんだろう・・・と自分自身を振り返ってみてください。

 

きっと そこには心身や生活を正しく改善するためのチャンスがあります。

 

道を歩いていて 転がっていた石につまずいたとしたら

「誰がこんなところに石を置いたんだ」

と怒ったり

「靴がよくないんだ」

「この道がよくないんだ」

と他のせいにばかりする人は 学ぶ機会を逸するのできっとその道の先々で

同じような失敗を繰り返すことになるでしょう。

 

「どうして転んだんだろう」

とそこに隠されているメッセージを考えることが大切です。

 

「きっと歩き方がよくなかったんだ」

「慌てていたからかもしれない」

などと 自分を振り返ることができれば

また同じ失敗は繰り返しません。

 

もしも病気になってしまったら

悲観するばかりでなく

「きっと これにも自分を成長させる意味があるはずだ」

と病気を積極的に活用できるようにしたいものです。

 

 

 

2012年11月28日 (水)

リビングカルチャー倶楽部 まなぼうカレッジ

コーチング&ストレスケアで イキイキした人生のお手伝いをしたい 川村佳代子です。

 

ずいぶんアップが遅くなりましたが・・・

先週末土曜日は 「リビングカルチャー倶楽部まなぼうカレッジ」での

第2回「コーチングで学ぶ会話のコツ」講座でした。

 

Photo_2                                    

 

前回は 会話をするときには当然「相手」がいるんですが

「相手」と向き合う前に 「自分」と向き合うことが大事ということで

自分の現在の状態を確認してもらいました。

 

やりたいのにやってないこと

手がつけられずに そのままになってること

しないままで ずっと機会を失ってしまったこと

 

気がかりなことが ふとした瞬間に頭に浮かんでくると

途端にテンションがさがってしまうことないですか?

 

あ~ そうだった・・・

まだやってないなあ・・・

って・・・

 

バケツに小さな穴が空いていて そこから少しずつ水漏れするように

「未完了」はエネルギー漏れを起こしてしまいます。

 

相手としっかり向き合うためにも まずは自分のエネルギーを満たす必要が

あります。

 

自分の「未完了」を前回書き出してもらい 今回までの間にいくつでも「完了」させて

もらうよう宿題にしました。

 

受講生の皆さん それぞれ取り組んでくださったようです。

でも 最初のうちはがんばろうと取り組んだけれど そのうちだんだん意識の

なかから抜けてしまって 講座前になって慌てたという方もいらしゃいました。

 

人間そんなに楽に変われるものじゃありませんからね。

当然です。

非日常ともいえる講座のなかで いくらやる気満々になっても

家に変えれば 「日常」が待っています。

「日常」のチカラって とっても強いですからね。

ついつい 日常に翻弄されて 続かなくなることはよくあります。

 

ただ どこかにやろうと思った意識はちゃんと残っているんですね。

 

繰り返し繰り返し そうやって自分を整えていくことが大事だと思います。

 

そして なにより 「できなかった」ということを素直に認めて 言えることが

素晴らしいって思います。

 

いよいよ今年も あと一ヶ月あまり。

「未完了」を徐々に「完了」に向けて取り組んで

新しい年を スッキリとした気持ちで迎えようと思います。

 

次回の講座がまた楽しみです♪


2012年11月21日 (水)

予測の自己成就

コーチングとストレスケアでイキイキとした人生のお手伝いをしたい 川村佳代子です。

 

経験ないでしょうか?

「こうなったら どうしよう・・・」

と懸念していたことが やっぱり起こってしまったということ。

 

いいことであれば 嬉しいことですが

それが 望んでいない結果であったとしたら 本当に残念ですが

その反面 「あ~ やっぱり・・・」と思ったりもしませんか?

 

 

『予測の自己成就』という言葉があります。

 

要するに 「いいことであれ、悪いことであれ、自分が考えたことが起こる」

という意味です。

ある意味 ひとつの「自己実現」かもしれませんね(笑)

 

わたしたちの脳は 現実とイメージを区別できません。

そして 脳はそれを実行しようとします。

 

考えていた不安が的中した・・・

「失敗するかも」と思っていたら 本当にダメだった・・・

「こんなふうにならなければいいけど・・・」と心配していたら そのとおりになってしまった・・・

 

 

それらは全て 自分自身がもたらした結果です。

 

人間関係も同じことがいえます。

わたし自身も 経験があります。

昔 お付き合いしていた人がいました。

なんだか常に「この人とはうまくいかないんじゃないか・・・」

って思っていました。大好きなはずなのに・・・

そんなことを思っていると その人のちょっとした言動が気になり

不安を感じ 相手に疑いの目を向けて

言う必要もない 言いたくもないことまで言ってしまい・・・

 

自分が予測したことを自分自身が無意識のうちに実行してしまうんですね。

 

 

 

ストレスが強いと 先々を予測し過ぎてしまい 結果をわずらってしまいがちです。

 

心と身体の緊張は 知らず知らずのうちに 良くないことを引き寄せてしまいます。

 

心と身体に穏やかさが訪れたときには

きっと 目の前の花が今まで以上に 美しく感じられることでしょう。

 

それは 花が美しいのではなく 自分の心が美しいからです。

 

 

 

2012年11月14日 (水)

本当の意味での「ストレスケア」

みなさんも ストレスを感じたことはあるかと思います。

 

また ストレスが心と身体に大きな影響を与えるということもご存知でしょう。
近年 ガンや精神疾患等の人が増えてきていますが 多くはストレスが原因です。

 

現代社会は 常にストレスにさらされているといっても過言ではありません。

それほど身近な問題になっているにもかかわらず ストレスについて

正しい理解がされていないという現状があると思います。

 

ストレス学説を提唱した ハンス・セリエ博士は

「ストレスとは周囲に起こった出来事に対して、わたしたちの心身がその状態に

適応しようとしている状態をいう」

と定義しています。

また

「そのストレスを生じさせる要因をストレッサー」と定義しています。

 

つまり 困難な仕事や嫌な人間関係などをわたしたちは「ストレス」と

言っていますが 正式にはそれは「ストレッサー」であり

そのストレッサーによってもたらされる心身の不調な状態をストレスと

言います。

 

 

また ストレスを「心理的な問題」ととらえていることにも大きな誤りが

あります。

ストレスは 脳幹という脳の中心部を疲労させます。

脳幹は 呼吸や心拍、血圧など生命を司る機関です。

そのため 身体に大きな悪影響が出てくるのです。

ストレス解消といって カラオケやショッピング、おしゃべりなどを楽しむこと

はいいことですが それは「ただの気分転換」に過ぎず

本当の意味でストレスケア(脳幹の疲労の緩和)にはなっていないわけです。

 

 

では 本当の意味でのストレスケアとはどういうことか・・・。

それは「リラクセーション」です。

脳幹の疲労は 身体の緊張状態を発生させ 筋肉のアンバランスを生みます。

筋肉のアンバランスが 無意識レベルの緊張状態の固定を作るんです。

ず~~~っと緊張状態が続くと どうなるか・・・。

腫瘍、高血圧、心臓病、頭痛等の病気や さらに身近な肩こりや腰痛、便秘など

にあらわれてきます。

 

リラクセーション状態を作る科学的に証明されているものに

瞑想や座禅、自立訓練法などがありますが 習得し効果を発揮するには

長い時間がかかります。

 

ストレスが強い状態では なかなかこれらを習得するのは難しいでしょう。

 

今 わたしが学んでいる バランスセラピーには

「脳幹ストレッチ」とも言える 「ホメオストレッチ」があります。

科学的にもその効果が証明され 注目をあつめているリラクセーション法です。

 

10分間程度 ベッドに横になってストレッチを受けるだけで

大きなリラクセーション効果が得られます。

 

まだまだ 熟達にはほど遠いですが 技術をしっかりと身につけて

ストレスケア社会を実現したいと思っています。

 

バランスセラピー、ホメオストレッチに興味がある方は 下記をのぞいてみて

ください。

BTU久留米    http://www.btu-kurume.com/

好きこそものの上手なれ

コーチングでイキイキした人生のお手伝いをしたい 川村佳代子です。

 

小学4年生の二女は リコーダーが得意です。

3年生のときに 音楽の授業で手にしてから すっかりハマって

ヒマがあれば(宿題が済んでなくても・・・)リコーダーを吹いていました。

 

朝も起きてすぐ 夜 寝る前まで それはそれは熱心に・・・(^v^)

 

「好きこそ ものの上手なれ」という言葉がありますが

まさしくそのとおりで

4年生にあがる頃には教科書の曲だけではなく

アニメや歌謡曲など 楽譜がなくても 自分で歌いながら

もしくはなんども耳で聞いて 音を探りさぐり 通しで吹けるようになりました。

 

おそらく 7~80曲は頭のなかに入っているようです♪

 

今では クラスのみんなのお手本にもなっているようです(´∀`*)

 

 

何かを習得するときに 一番上達するには

「 脳が 『快』 であること 」 (好きになること、楽しいと思うこと)

そして

「 必要に迫られること 」

だそうです。

 

二女の場合は 音楽の授業でリコーダーを吹けるようにならないといけない

という必要性があったのに加えて

それがと~~~~っても楽しいと思えることだったので

これほど上達したんでしょう。

 

 

「やらなきゃ・・・」

と思っているうちは なかなか思うように進みませんね。

 

ダイエットにしても 資格取得にしても なにかを習うにしても

自分自身に「必要に迫られる」状況を作り

(例えば期限を設けたり)

そして なによりそれのことを好きになって

楽しいと心から思えるようにすること。

 

そのためには 工夫が必要です。

 

それをすることで 誰かに喜んでもらうとか

自分自身が そのことをすることによって なんらかの「いいこと」「いい状況」なりを

実感するようにしたり

できたときのイメージを常に描いたり・・・

 

今 取り組もうとしていること。

それは あなたにとって本当に必要なことでしょうか?

そして 本当にしたいことでしょうか?

 

なかなか 本気で取り組めないとき

自分自身に問いかけてみてください。

 

 

2012年11月 7日 (水)

異常ナシ♪

今日は「人間ドッグ」に行ってきました!!

本格的に健診を受けるのは久しぶりです。

 

朝8時に受付して お昼過ぎまで しっかり検査してもらいました♪

Dsc_0158
                                                           

 

Dsc_0159

今回は 生まれて初めて 「胃カメラ」に挑戦。

ドキドキの不安あり、初めての経験に少しワクワクもあり(^v^)

 

カメラを「口から入れるか」 「鼻から入れるか」の問いに少々悩み・・・

口から入れて「おえ~っ」となるのもイヤだし

鼻から入れるのも 痛そうだし

 

悩んでも仕方ないので 新しい方法=鼻から♪ で決定!!

 

とはいうものの やっぱチョー怖かった・・・。

でも カメラが入ってる間 ずっと看護士さんがわたしの背中をさすっててくれて

その手がなんと安心できたこと・・・(*´∀`*)

 

人の手の温もりが がんばれるチカラになるってすごく感じました。

おかげで すんなりと検査終了。

 

他にも 女性ですから マンモグラフィ等の健診も受けました。

この痛さは おそらく男性にはわかるまい・・・。

 

以前 会社勤めをしていた頃は 当たり前のように毎年定期健康診断を

受けていました。

会社が日程を決めて 受診車がやってきて 費用だって会社が負担してくれて・・・

 

「あー面倒くさいなあ」って思いながら受けてました。

 

今 会社勤めを辞めて 個人になって初めて なんて恵まれた環境にいたんだろう

ってわかりました。

 

日常の慌ただしさのなか 自分で予約して 日程調整して 受診に行って

費用も見てビックリ!!

 

「当たり前」だと思ってることが 実は当たり前じゃないって

いまさらながら感じました。

 

おかげさまで 少々不安材料をもちながらの健診でしたが

受診してみて とりあえず今日の所見では「全く異常なし」でした。

 

自分の状態を確認することも 日々を安心して過ごしていくために必要ですね。

 

やっぱ わたしって元気なんだわ~~~~~(^v^)

 

また そんな気持ちが わたしを後押ししてくれてます♪

 

前夜9時以降 飲まず食わずだったので

検査が終わってからのランチは格別に美味しかったです!

 

結局 最後はまた食べる話しでした~~~。

 

 

 

 

2012年10月31日 (水)

幼稚園保護者会コーチング講話♪

コーチングでイキイキした人生のお手伝いをしたい 川村佳代子です。

 

今日は 地元の幼稚園の保護者会でコーチングのお話しをさせていただきました。

講話のタイトルは『あなたも大切 わたしも大切』。

コーチングにおいても とても大事な考え方でもあり、よく耳にするフレーズです。

 

話しのなかのひとつに 「子どもの名前を呼びましょう」とお話ししました。

名前って その人それぞれの「存在そのもの」を表すものです。

それに お子さんの名前には きっとお父さん、お母さんのいろんな願いや思いが

詰めこまれているはず♪

(タケカワユキヒデさんも『ビューティフル・ネーム』♫で唄ってるし~~(#^.^#))

 

とっても当たり前のことで すごく簡単なことですが

名前を呼ぶって 

「ちゃんと見てるよ」

「あなたが大好きよ」

「あなたが大切だよ」

っていうメッセージでもあるんです。

 

そこに相手がいるってことを知ってるから

今 目の前に相手がいるのをちゃんと見てるから

名前を呼ぶんですもんね。

その人の名前を・・・。

 

「ちゃんと見てくれてる」

「自分のことを気にかけてくれてる」

そういうことを感じることで

「自分は大切に思われてるんだ」

「自分は必要な存在なんだ」

という『自己肯定感』が育まれていきます。

この『自己肯定感』こそが 大きくなってから逞しく生き抜くチカラになっていきます。

 

その一方で 親も「自分を大切にする」ことが必要だと思います。

がんばるのはいいことですが がんばり過ぎるとそれが表面に出てしまいます。

疲れてイライラした人の側にいると こっちまで気分がピリピリしてきたりするでしょ?!

 

親のイキイキとした姿は それを見て育つ子どもをイキイキとさせます。

わたし自身が とても強く感じたことでもあります。

 

自分自身も大切にできてこそ 相手にも優しくなれるし 大切だと素直に思い

伝えることができるんですよね。

 

子どもが自分の花を大きく咲かせることができるよう

親は キラキラと輝くお日さまとなって あたたかな陽射しを降り注ぎ続けて

いきましょう♪

 

保護者の皆さん 最後まで熱心に耳を傾けてくださいました。

本当にありがとうございました。

 

自分で話しをしながら またわたしも子どもたちとの日々を大切に過ごしていこうって

思いました♪

 

2012年10月29日 (月)

コーチングセミナーのご案内

コーチングでイキイキした人生のお手伝いをしたい 川村佳代子です。

 

現在 開講中の「慈眼寺ゼミナール」コーチング講座。

11月10日(土)に「伝える」をテーマに開催します。

 

今回のみ単回の受講もOKですので ご興味のある方はぜひ一度参加して

みてくださいね♪

 

☆日時   11月10日(土)10:30~12:00

☆場所   慈眼寺ゼミナール(JR慈眼寺駅から徒歩3分、西谷山保育園裏)

☆受講料  1,250円(資料代含む)

☆講師   川村佳代子  財)生涯学習開発財団認定コーチ

                 マザーズコーチジャパン会員

☆内容   相手が受取りやすい「伝え方」

☆申込&連絡先  tomorrow@kaw.bbiq.jp まで♪

 

ぜひ一緒に楽しく学びましょう。